フォークリフトは償却資産税の対象となる??ならない??

フォークリフトは償却資産税の対象となるのか、ならないのか、、、

 

フォークリフトをお持ちの

個人事業主や法人の方であれば、

一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

 

じつは、お持ちのフォークリフトの

規格によって正解が異なります。

 

正解は…

小型特殊自動車であるフォークリフト ⇒ 償却資産税の対象とはならない

大型特殊自動車であるフォークリフト ⇒ 償却資産税の対象となる

 

今回は、フォークリフトが償却資産税の対象となるかどうか

について説明していきます。

 

フォークリフトを購入した時の勘定科目・耐用年数については、

こちらの記事でも解説しているのでご覧ください。

関連記事

フォークリフトを購入された個人事業主及び法人の方へ。   フォークリフトを購入した時の 勘定科目や法定耐用年数ってご存知ですか??   正解は… 勘定科目 ⇒ 車両運搬具 法定耐[…]

 

 

本記事はこんな方におすすめです

フォークリフトが償却資産税の対象となるかどうか知りたい方
フォークリフトにかかる税金が知りたい方

 

 

フォークリフトは償却資産税の対象となる??ならない??

フォークリフトは償却資産税の対象となる??ならない??

フォークリフトはその規格によって

償却資産税の対象となるかどうかが異なります。

 

小型特殊自動車であるフォークリフト ⇒ 償却資産税の対象とはならない

大型特殊自動車であるフォークリフト ⇒ 償却資産税の対象となる

というわけです。

 

小型特殊自動車であるフォークリフトの規格とは??

小型特殊自動車であるフォークリフトの規格は次のとおり。

 

長さ ⇒ 4.7m以下

幅  ⇒ 1.7m以下

高さ ⇒ 2.8m以下

最高速度 ⇒ 時速15km以下

 

上記の規格をひとつでも超えていれば

大型特殊自動車のフォークリフトとなります。

 

小型特殊自動車であるフォークリフトにかかる税金

小型特殊自動車であるフォークリフトには

償却資産税がかかりません。

 

しかし、軽自動車税が課税されます。

 

逆に言うと、小型特殊自動車であるフォークリフトは

軽自動車税が課税されるため

償却資産税の対象にはならないと考えられます。

 

大型特殊自動車であるフォークリフトにかかる税金

大型特殊自動車であるフォークリフトには

償却資産税が課税されます。

 

軽自動車税や自動車税は課税されません。

 

償却資産税の申告時期は毎年1月です。

申告漏れが無いように、気を付けましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

フォークリフトには、

大型特殊自動車と小型特殊自動車という2つの規格があり、

それぞれ課税される税金が異なります。

 

大型特殊自動車に該当する場合には、

償却資産税の申告漏れがないように気を付けましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。