機械装置の法定耐用年数の判定方法は??業種ごとに判定します!!

機械装置の法定耐用年数の

判定方法をご存知でしょうか。

 

機械装置の法定耐用年数は、

その機械装置によって生産される製品が何の業種に属するか

によって判定されます。

 

業種ごとに判定する点が、

他の資産とは異なるため注意が必要です。

 

要は同じ機械装置であっても、

生産される製品が属する業種に応じて、

法定耐用年数が異なるということです。

 

少し難しいですね。。。

 

今回は、機械装置の法定耐用年数の判定方法

について説明します。

 

本記事はこんな方におすすめです

機械装置の法定耐用年数の判定方法を知りたい方

 

 

機械装置の法定耐用年数の判定方法とは??

機械装置の法定耐用年数の判定方法とは??

機械装置の法定耐用年数は、

その機械装置によって生産される製品が何の業種に属するか

によって判定されます。

 

生産される製品が属する業種に応じて、

法定耐用年数が決定するのがポイントです。

 

機械装置ごとに法定耐用年数が定められてはいないため、

生産される製品が属する業種が異なれば、

同じ機械装置であっても法定耐用年数は異なります

 

機械装置の法定耐用年数を判定する際の考え方とは??

機械装置の法定耐用年数を判定する際は、

以下の順序で考えていきましょう。

 

①機械装置によって生産される製品やサービスが何の業種に属するかを考える

 

②耐用年数表からその業種の法定耐用年数を調べる

 

③耐用年数表の細目を確認する

 

 

①生産される製品やサービスが何の業種に属するかを考える

まずは機械装置によって生産される製品やサービスが、

何の業種に属するかを考えましょう。

 

機械装置を取得する法人の業種ではなく、

生産される製品やサービスの業種を考えるので、

注意が必要です。

 

両者は似ているようで、

意味が大きく異なります。

 

例えば従業員用の食堂をもつビールメーカーが、

食堂用の厨房設備を取得する場合。

 

ビールメーカーが属する業種で考えると、

食堂用の厨房設備は『飲料・たばこ・飼料製造業用設備

と考える方もいるかもしれません。

 

しかし食堂用の厨房設備が生産する製品が、

何の業種に属するかを考える必要があります。

 

食堂用の厨房設備が生産する製品は、

従業員が食べる食堂の料理ですので、

この場合は『飲食店業用設備』に該当します。

 

あくまでその機械装置がどんな製品を生産するか??

を考える必要があるのです。

 

②耐用年数表からその業種の法定耐用年数を調べる

機械装置の耐用年数表をみると、

日本標準産業分類の中分類を基本とした

55区分の業種が載っています。

 

機械装置の法定耐用年数表はこちらです。

⇒機械装置の法定耐用年数表【東京都HP】

 

機械装置が生産する製品の属する業種について、

法定耐用年数を確認しましょう。

 

③耐用年数表の細目を確認する

耐用年数表の業種によっては、

細目が設定されている場合があります。

 

例えば、産用機械器具製造業用設備の場合は、

金属加工機械製造設備 ⇒ 9年

その他の設備 ⇒ 12年

といった感じです。

 

細目が設定されていれば、

その法定耐用年数を使いましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

機械装置の法定耐用年数の判定方法

についてみていきました。

 

機械装置の法定耐用年数はとりあえず、

その機械装置によって生産される製品が何の業種に属するか

について考えることを大事にしましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。